2005年09月16日

気合の空回り


昨今の答案練習で、
やや「気合が空回り」して
「高得点取ってやろう!」という意識が
強く出すぎて、設問要求を素直に捉えずに
バランスを崩し、逆に取れる問題も
取れないという現象がありました。

今の時期、冷静でいられる受験生は
いないと思いますので、
ある程度やむをえないと思いつつも

少し本試験に向けて、
メンタル面の立て直しも必要かもしれません。

出来もしないのに
完璧を狙うのではなく、
取れる(学習してきた)問題をキチッと取る。
その他はオマケで取れればラッキー。。。
そんな心構えでしょうか?

こういう気持ちの割り切りは
人に比較し自分は「得意」だと思っていたのに。。

裏返せば、割り切れたのは
「努力不足を自覚していたから」
割り切れないのは
「努力してきたと思っていて、その成果を欲しているから」
なのでしょうか?
(これを書いていて、そうか!と思いました)
posted by MR SWOT at 08:07| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も事例4では、暴走機関車と化してしまいます。
模試でも、力入りすぎて、暴走することが以前はありました。

某講師からも、アドバイスを受けながら、
こればかりは自分で改善するしかないよと、以前にも言われたことがあります。
そんな中で自分自身で行き着いたのは、
・自分の力量以上のことは出来ない
・学んだことだけで勝負する
・80分間気を張りすぎず、随所で一呼吸置く

自分ではこう思うようにしています。
明後日も、きっと同じ気持ちでのぞみます。
Posted by 坂上雲 at 2005年09月16日 09:29
坂上雲様

コメントありがとうございます。
明後日は最後の模試ですが、
私も少し考え方を変えて望んでみようと
思います。

明日、あさってと
宜しくお願いいたします。
Posted by MR SWOT at 2005年09月16日 23:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。