2005年07月31日

2次試験前に答案を作っておく?

某講師のアドバイスです。

「2次試験は試験前に前段取り7割しておいて、
本試験ではそれを置いてくるだけですよ」

確かに80分は、頭の中白紙からあれこれ考えて
答案を書くには短すぎる時間です。

本試験会場に着いた時には既に
頭の中に
@事例ごとの想定出題テーマがパターン化されている
A戦略、戦術別方向性、具体案の引き出し多数
B「分析」というより「作業化」された解答プロセス手順
が準備されている
ことが理想でしょう。

そして、問題用紙を開いたら
その問題に引っ張られることなく
持参した「準備物」を本試験事例用に
カスタマイズして
答案用紙に「置いてくる」・・・。

こんな感じでしょうか?




posted by MR SWOT at 23:40| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
某講師のアドバイス、同感です。
私は只今「準備物」が自分自身に定着するよう精進中です。
コンサルの現場においても、社長の質問にあれこれ考えて答えを出すようでは信頼度が低いのかな、と思っています。
Posted by ひろ at 2005年08月01日 21:57
ひろさんコメントありがとうございます。

私も現在「精進中」です。
でも、講師のアドバイスの様に考えると
本試験そのものの「恐れ」は
少し軽減されるような気がします。

「きちんと精進を積んでいけば
おのずと結果はついてくる。」

そう信じて直前期を乗り切って
いきたいです。


Posted by MR SWOT at 2005年08月02日 07:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。