2005年05月04日

自己満足からの脱出


GWも中盤です。
個人的には、割と計画通り学習は進んでいます。
(今週の学習時間目目標30時間)

しかし
TACの答案練習の途中経過は惨憺たるものです。
4科目中1科目しか、受講生平均を超えていない!

ここ数日この原因追求と対策をしていますが、
なんとなくわかってきました。
解答プロセスがバラバラで、途中「えいやー」で
書いてしまっている。
答案全体に戦略性がない。

方向性の当たりはよくても
升目に書き込む段階で失点している。
(論理的展開ができていない)

などなど。


「自分は毎日がんばっているので合格する」
のではない。
「試験当日に合格答案を書くスキルが身について
いるには、今日このトレーニングをする必要がある」
という発想の積み重ねであろう。


自己満足の学習は禁物である。
そこから脱出は、現実の答案練習結果を
厳しく受け入れることから始まるのか?




posted by MR SWOT at 06:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとなく同じ心境です

定型的・機械的に
問題点、考えの基準(経営理念・社長の考え)をあぶりだし
問題点を関連づけ
抜き取ったキーワードをそのまま使って
たんたんと設問に答えていく

妄想する自分の心を抑え
冷静に客観的に
当たり前のことを升目に埋めていく

合格者の答案は素直ですね
与件文に忠実です
「それは思いつかなかった」
ということはあまりありません
一方、不合格者の答案は
与件のどこに書いてありました?
などの突飛なことが書いてあることが多いようです

事例というボールを4球とも
センター返しを心がければよいですね
ランナーがいないのに、いきなり逆転サヨナラホームランはありえませんね

(自分のメモとしても書きました。
今度のMMC模試後に生ビ飲みながらゆっくり話しましょう)
Posted by オレンジ色のユニフォーム at 2005年05月04日 08:51
オレユニさん

いつもコメントありがとう。
まったく同感です。

わかっていても答案に向かうと
出来ないことが多いです。

これが2次の難しさなのでしょうか?

頭でなく体で覚えるまで
トレーニングを積むしかないですね。
Posted by MR SWOT at 2005年05月05日 11:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3295595

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。