2005年02月03日

事例Vの本当の難しさ

昨日はTACの2次徹底分析「事例V」を
受講しました。

どの事例にも共通する
「設問要求」の「解釈」の難しさに加え

@業務プロセスを自分で頭の中に
 再構成する必要あり。

A問題要求の中心は因果関係

・・・という特徴があるとの内容でした。


自分でこれまで誤解していたのはAで
わりと簡単に考えていたのですが、
原因といっても、表面的な事象が
要求されているとは限らず
どこまで遡って、原因と特定するかは
かなり慎重に対応する必要がありそうです。

また、改善策も事例Uと違い
単に問題点の裏返しではダメのようですから
きちんと知識を持っていなければ
ならないようです。

事例Vは現場のイメージが湧かないので
難しいというくらいで考えていましたが

きのうの講義を聴くと
難しさの仕組みは、それだけでは
ないようです。

ほんと講義を聴くにつれ
今までなにも分かっていなかったな・・と
思い知らされるばかりです。

昨日からの学習→H15W、TAC講義等(4時間)


posted by MR SWOT at 08:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。