2005年08月31日

受験申し込み書貰ってきました


今日昼休みに2次試験申し込み用紙を
診断協会から貰ってきました。

実は勤務先から診断協会は
目と鼻の先なのです。

近くて遠いとはこのことですね。

1次合格発表前に申し込んで
ベテラン受験生が多い(?)と言われる
明治大学会場で受験しようと考えています。

噂によると明治会場の
その緊迫感は相当なものだそうそうですが

昨年受験した青学会場の
老朽ぶりを考えたら、やっぱり
今年は「明治」と思っています。

今日はM校の答練だったのですが
講師は御大M先生。

私の答案を見て
「Sさん この部分いいじゃない!合格答案だよ!楽しみだね!」
「ありがとうございます!」
「Sさんの答案は分かりやすい!永久に受からない答案じゃないね」

「永久にって・・???」

微妙なコメントに苦笑いするしかない
MR SWOTでした。

posted by MR SWOT at 00:43| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

M校模試終了


昨日はM校「財務講座」、
今日は「M校模試」を受けてきました。

肩が凝って大変疲れました。

前回に比較すれば、出来たのでは?
とは思いますが、どの程度かは分かりません。
(ちらっと解答解説を見ただけなので・・)

相変わらず「財務」は思った程
取れてないですね。
(経営分析の配点が高かったので、
平均点は高いと思うのに・・)

久々の模試なので現在どの辺の位置にいるのかは
「楽しみ」であり、「怖く」もあります。

一方で
家族持ちの私にとって、
(子供も一緒に遊びたい盛りなので)
土日を丸々勉強に潰すのは正直本当に心苦しいです。

勉強は有意義ではありますが
「いつまでもこんな生活を続けるわけには
いかないなー」

そんな気持ちにもなった1日でした。




posted by MR SWOT at 21:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

組織事例


M校の答案演習に参加してきました。
台風の影響もあり、なんと参加者2人。

N先生と密度の濃い授業が受けられました。

理解があやふやだった
「組織構造」や「事業構造」の理解
「経営戦略」と「組織事例」の位置関係が
クリアになり、大きな収穫がありました。

今更ですが、2次対策は
「経営戦略」との関連の中で「理解」してないと
「キーワード」が活きてきませんね。

どうしても
「理解があやふや」のまま
「そんなもんだと思って丸暗記」・・に走りがちですが
これは1次対策までですね。

さてさて今週末はM校模試です。
第2回に比較しどのくらい伸びていますやら・・

posted by MR SWOT at 23:52| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

今週末はM校三昧

坂上雲さんのブログによると
本試験まで50日を切ったそうです。

「いよいよ」な気分のMR SWOTです。
(最近毎回こんなこと書いてる気がしますが・・)

今週は
  木曜日→M校答案練習
  土曜日→M校財務特訓講座
  日曜日→M校模試・・・と

「M校三昧」になります。
M校の「きめ細かい」サービスを
活用して「力」をつけたいと思います。

TAC直前答練の方は
組織〜財務まで4事例解き終わりました。
添削結果はこれからですが

@解答手順は安定し与件分析もスピードアップしてきた。
A解答の一貫性を意識できた。
B解答の方向性を大きく外すことは少なくなってきた
・・等の収穫はあったと思います。

しかし
 アレルギーは少なくなってきたものの財務は
 まだ理解不足を痛感したしだいです。

TAC答練もM校も財務事例で問われている
テーマは、殆ど同じです。
(各校とも、出題委員の書籍から出題しているため?)

苦手な自分に都合のいい解釈としては
「予想出題テーマは限られている!練習した事例さえ
きちんと理解できていれば大丈夫!」

逆に考えると
「受験生は皆同じテーマを勉強している。
解けなければ大きくハンデを負うことになる!」


いずれにしても
今週末のM校答練&模試をがんばります。







posted by MR SWOT at 22:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

TAC2次事例直前演習


おとといTACに寄り
2次事例直前演習の問題を全て
受け取ってきました。(8回分)

TACの2次事例演習は
この8回を残すのみとなりました。

遂にここまで来てしまったんだなー
早かったなー

・・・と少し感慨に耽ってしまいました。
(まだ少し早いか?)

VTRでの解説の受講は
9月末迄続きますが

来週受験予定のMMC模試までに
8回分解いてしまおうと思っています。



posted by MR SWOT at 09:52| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

直前答案練習初回


某M校の直前答案練習に参加してきました。
財務事例でした。

直近の財務事例に比較し
難易度はグッと下がったはずでしたが・・

できません。・・・

N講師の指摘どおり
なぜこういう解答プロセスになるか
「意味を理解していない」ため
応用が利かないのです。

出題形式や数字をいじられただけで
あっという間に解けなくなってしまいます。

もう既に予想出題テーマは
答案練習に出題し尽くしてるはずです。

それらが
どんな形で出題されてもいいように
しっかり「意味の理解」をしていきたいものです。
posted by MR SWOT at 23:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

2次試験の「気づき」


田舎に帰って
良い空気を沢山吸って
リフレッシュしてきたMR SWOTです。
(もちろん田舎でも事例は解いてきましたよ)

よく2次試験に必要なのは
学習の「量」ではなく「質」である。
そして「気づき」だ。・・・って
受験機関等から言われませんか?

でもどれも漠然としていて
分かりにくいアドバイスですよね。
(自分だけかな?)

どんなことに「気づく」必要が
あるのか?具体的に教えてよ!って
言いたくなってしまいます。

この件につてはだいぶ前から
悩んでいたんですが・・

実は最近ある「気づき」を得ました。
「2次試験って結局そういうことか」って
内容です。

この「気づき」を活かせば
「与件整理のスピードアップが可能」
「解答の一貫性を損ねない答案作成」
が可能なはずです。

でもこれは
「受験生なら誰でも知っているレベル」かもしれません。
また「実際に試験場で使えないレベル」かもしれません。

これが、2次試験合格に必要な
本当の「気づき」かどうかは分かりません。

今週からまた答案練習が始まります。
そこからまたトライ&エラーを繰り返し
本当の「気づき」に近づいていくしかないのでしょう。




posted by MR SWOT at 18:44| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

2次試験は「のど自慢」ではない


かつて某受験機関の2次模試を受けた際
それまで受けた他校の答案練習の成績との落差に
驚いたことがありました。
(5月に実施されたので2次リベンジ組が多かった)

それを講師に言ったら
「うちの試験はのど自慢じゃないんです」って
おっしゃいました。

どういう意味だろうと思ったのですが
要するに「アマチュアの大会」ではない。
という意味だと分かりました。

今日TACの自習室で勉強していたら
同じ2次リベンジ組の某ブロガーとバッタリ会いました。

話しをしましたが
彼は凄まじく勉強しています。

先日の飲み会で会った他2次リベンジ組の
ブロガー達も相当がんばっています。

10月9日。こんな人達が大挙して
試験場にやってくるわけです。

完全に「のど自慢」大会ではありません。

改めて緊張感が走ってきました。



posted by MR SWOT at 00:25| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

「502教室」会行ってきました

1次受験された方々本当にお疲れ様でした。

私は予定通り受験しなかったのですが
「502教室」主催の打ち上げだけ
出席させていただきました。

2次対策をどちらかというと
「悶々として」進めている状況のなか

心から「乾パーイ!」という気分には
なれなかったですが、

沢山の刺激を受けることができました。


気がついたこと、気になったこと

@参加者の平均年齢が若い!元気!
(診断士=おっさんの資格というイメージは
 崩れつつあるんですね)

A今年の1次難易度は下がったようだ
(受験された方の声を聞くと、どうやら1次合格者の
数は増えそう!=2次の競争激化ですね!)


Bあの「遠藤先生」がこのブログを知っていた!
(ご挨拶したら「MR SWOTさんは僕を応援して
くれてるんですね」って言ってくれた。
もちろんでございます!
引き続きVTR講義受講ですが、
2次本科の残りの財務事例
宜しくお願いします!)


C2次リベンジ組は皆着々と力を着けている

(2次リベンジ組で参加した、坂上雲さん
オレユニさんは相当がんばっている!
彼らになんとか追いついていかなければ!)


結論
「受験のプロセスでの交流も楽しいが
やはり結果を出さなきゃ受験じゃない!」
「受かってなんぼの診断士試験!」
・・という厳しい現実を感じたのも事実です。

幹事のnetplusさん、貴重な機会をいただき
ありがとうございました。
来年のこの会は「診断士」として参加したいものです!

posted by MR SWOT at 07:26| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

どうなる!?MR SWOT


今日で(正式には昨日)某受験機関の
水曜答案練習コースが終了してしまいました。

自分としては手応えのある講座で
かなり2次試験の理解が進み
受講前よりは「力」が着いた気がします。

しかし、結果としては
「合格」にはまだ遠い気がします
(気じゃなくホントに遠い)
組織〜生産事例まではなんとか
50〜60点取れるようになったものの
財務が相変わらず「大陥没」状態。

最終講義の講師のコメントが
「もう少しインプットがんばってください。」

・・これが2次受験に専念してきた受験生
の姿でしょうか・・・(情けない)

付け焼刃の知識で1次をしのいだツケでしょうか?

ともかくも今の自分を恨んでもしかたありません。
やるしかないのです。
「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる」
・・よく聞く言葉です。
未来を変えるしかありません。

大好きなTAC三好コーチの
「合格かわら版」の引用です・・

世の中で比較的うまくいっている人に共通する特徴として、
「実際にいい結果が出る前から、うまくいくという確信をもっている」


「確信」をもつのは厳しいですが
「やればきっとできる」くらいは思えるかもしれません。

1次まであと3日、いよいよ診断士受験開幕です。
どうなる!?MR SWOT





posted by MR SWOT at 00:21| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。